永住許可申請が「不許可」に…再度の申請は可能か!?

  1. コラム
  2. 49 view

申請書類の不備や説明不足であったときには、再び申請をして永住許可をもらうことは可能です。
また、永住の要件に少し足りなかったときには、足りない部分をクリアーにすれば再申請することができます!
一度不許可になってしまった場合に、大切なことは「不許可の理由」を入管から聞き出すことです。
聞き出すためには、不許可通知書の発行日から10営業日以降に入管の永住相談窓口に直接行くことです。
しかし、審査官から不許可理由を聞くことができるのは、一度だけですので、この大切な機会を無駄にしないように、不許可理由の内容をしっかりと聞くために、専門家と同行して一緒に理由を聞いてもらうことをオススメします。
当事務所では、入管申請取次の専門行政書士が一緒に入管に行って不許可の理由を確認するサービスを業務として行っています。
不許可の具体的な理由がはっきりとわかれば、次回の申請への準備が可能となります。

【出入国在留管理局への同行報酬】(東京)
15,000円(報酬/税別)  

※申請に関与しない行政書士の同席は、入管担当者によっては断られる場合もあります。

関連記事

特定技能について 1⃣

在留資格の「特定技能」とは、日本国内の事業者が直面する人手不足に対応するため、特定の産業上の分野において、一定の専門性・語学力を持つ外国人を受け入れていくものです。…

  • 4 view

入国管理局に支払う手数料

在留資格の変更や更新の申請をしたのちに「入管」からハガキが届いたら、それは審査が通って許可になったという通知ですので、新たな在留カードをもらうためにそのハガキを持って…

  • 1359 view

就労ビザ(在留資格)の審査基準 1

日本国の入管法はその第1条において、「本邦に入国し、又は本邦から出国するすべての人の出入 国の公正な管理を図るとともに、難民の認定手続を整備することを目的とする。」と規定…

  • 12 view
Translate »